<HP更新日>

★入会金は不要です!
★免税事業所なので消費税は不要です!
★教材費は不要です!
★CAD実務技能習得証明書を発行します。
★コース料金だけで終了です。

スクール所在地/〒069-0855江別市大麻宮町4番地1号棟308室
代表  和田 寛
Tel090-5980-1390
会社名 有限会社 キャドステーション

作図年月日2018/11/14
作図  和田( 講師 )

★入会金は不要です!
★免税事業所なので消費税は不要です!
★教材費は不要です!
★CAD実務技能習得証明書を発行します。
★コース料金だけで終了です。

作図年月日2019/ 5/15
作図  和田( 講師 )

★入会金は不要です!
★免税事業所なので消費税は不要です!
★教材費は不要です!
★CAD実務技能習得証明書を発行します。
★コース料金だけで終了です。

★入会金は不要です!
★免税事業所なので消費税は不要です!
★教材費は不要です!
★CAD実務技能習得証明書を発行します。
★コース料金だけで終了です。

作図年月日 2019年5月10日
作図   和田 (講師)

作図年月日 2019/ 5/8
作図  和田( 講師 )

作図年月日2019/5/19
作図  和田( 講師 )

作図年月日2018/09/18
作図  和田( 講師 )

★入会金は不要です!
★免税事業所なので消費税は不要です!
★教材費は不要です!
★CAD実務技能習得証明書を発行します。
★コース料金だけで終了です。

作図年月日2019/ 5/21
作図  和田( 講師 )

時々問われる質問がある。JwCADAutoCADの違いについてだ。おそらく受講生の中には事前に自分たちでネットを調べて生徒自身が選択する生徒も多いのだろう。それ以外は会社の使用しているCADを選択している。私もネットで違いを見てみた。驚いた!日本ではJwCADAutoCAD2本がメジャーなCADソフトであるとうのは私と共通の認識である。問題はどちらを選ぶかなのである。当然自分たちの会社が使用しているCADを選択するのは当たり前の話である。話はここからである・・・将来両方とも学びたい人のことである・・・JwCADを先に学ぶことを薦めている、それは0円でわかりやすい点だというのである。確かにそのとおりである。でも強調したいのであるがJwCADユーザーはAutoCADユーザーには原則なれないのである。それはJwCADがまさに理解しやすい、操作性がよい・・CADスクールをやって確信している。CADソフトの選択は就職の活用であれば熟慮する必要がある。JwCADが身につくと難度の高いAutoCADへの移行は至難の業である。両方使えますという人は中途半端な人が多いのが現状である。

作図年月日2019/ 5/22
作図  和田( 講師 )
 /* 共通設定およびスマートフォン向けのスタイル */  /* タブレット向けのスタイル:481px 〜 768px */   @media only screen and (min-width: 481px) {   }  /* PC向けのスタイル:769px〜960px */   @media only screen and (min-width: 769px) {   } body {    width: 100%;   }  img {    max-width: 100%;    height:auto;   }

昨年201712月末から何枚かCADで似顔絵を描いてきました。描くきっかけは生徒の中で全くCADに馴染めない人もいると知ったからです。壁にぶち当たった考えを捨てさせるためだったのです。私も似顔絵を描いていてストレス対策にもなりました。マンネリ打破に役に立ちました。体調がよく時間の割ととれる日・・・・朝思い立つと帰るまでには仕上がっています。一番時間のかかる個所は間違いなく髪の毛になります。髪の毛以外の部分は髪の毛に比べるとそれ程ではありません。イチローの似顔絵は髪の毛が僅かなので短時間で作図完了でした。有名人の顔の特徴を掴み皆さんもチャレンジしてみては?CAD習得は何でもそうですが自分に合った方法を自分なりに見つけることです。人から指図されてもだめ、自分で見つけるのがコツです。私も支援します、基本は時間をかけることです。だから6回コース、8回コースにしています。1〜2回では無理です。かつて私も1〜2回コースをやって失敗した経験があったからです。短期習得はせめて1週間少しずつ毎日勉強することです。よろしくお願いします。

2011年1月8日授業状況です

15inch

http://www.sapporo-cad.com

2010年にはいってから、二人で楽しく覚えたいという人もチラホラでてきましたので、4月からスペースを下の写真にあるように準備しました。世の中もだんだん不安定になり、安心して家族とか友人同士とかで学びたいという人もいるんだなぁと・・試しにやってみる。

平成224

http://www.jw-cad.info

http://www.jw-cad.net

http://www.jw-cad.jp

201915日、年明けてもう5日たった。CADステーションは年中無休であるが正月休みに生徒は来ない、別に来てもいいのだがさすがに正月は来ないようだ。その間私はボーっとしてもしかたないのでコマンド探しをやった。18個のコマンドを新たに作ることができた。中にはVer20182019での新機能のコマンドもある。その中の新旧図面比較はとてもいい。ある程度の人はCAD図面を修正していくと同じ図面なのにファイル名を少し変え何枚も保存している。その時はいいと思っているようだが、後でどれが一番新しい図面なのかわからなくなる。そんな時、新旧図面比較コマンドを使えば時間の無駄遣いが激減する。CAD図面は名前を変えて何枚でも簡単に保存できるから図面管理が仕事を左右する。これは実務経験者として肝に命じている。これからも使えるコマンドがあれば随時追加していく予定だ。よろしく。



2018年12月27日締めくくり

12月27日生徒は当然来ない、年中無休だが・・・・・・・・

 2018年も終わろうとしていますが、今年1年振り返って皆さんの生活は・・・。教室は無事に2019年を迎えることができそうです。今年1月に大麻に移転してから今月で1年になろうとしています。JR大麻駅前から徒歩7分の場所ですが、教室に学びに来た生徒には感謝しています。生徒も年々中高年の年代が多くなりつつあります。若い人は費用の負担が大きいのではと感じています。2019年からは速習コース33000円を重点的に展開しようと思っています。この料金なら若い年代も増えるのではと期待はしています。

 私が社会に出た時にはパソコンはない時代で、当然図面作成は手書きでした。今はCADがあり、とても便利になりました。編集、作業時間、メール・・とても昔では考えられないものになっています。でもCAD図面は手書きと比較して間違いが多いという感じがしています。コピー作業が多い・画面の拡大縮小などで訂正しきれていないという感じがします。一見綺麗に見えますが・・・。CADの仕事では再チェックは必ず必要です。手書き図面だと常に全体を見ているので訂正ミスなど少ないです。

 教室で教えるCADは現在AutoCADJwCADのみになっています。以前は他にも教えていましたが生徒の殆どはAutoCADJwCADです。他のソフトを教えるとソフト代など赤字に・・・。他のスクールでも同じだと思います。3Dを教えるところあるみたいですけど、これは全く無駄だと思います。3Dも種類がいろいろあり特定の3Dを習っても会社では役にたちません。教室では昔やってましたが直ぐにやめました。教える意味のあるCADAutoCADJwCADの二つだけだと確信しています。

AutoCADJwCADを比較するとAutoはアメリカ生まれで世界No1のシェアを誇っています。Jwは日本生まれでフリーソフトです。精度は両方とも小数点以下16桁あります。わかりやすいのはJwCADになります。そして操作性もよいです。でも就職となるとAutoCADになります。覚えている人が少ない。設定が難しいというか理解しづらいです。また職業では建築関係はJwが北海道では圧倒的です、一部大手ではAutoCADですが。建築以外ではAutoCADを選択するとよいでしょう。

2019年も病気で休むことなく11日を大切にしたいと思っています。今年1年ありがとうございます。

JwCADといえばwindows版(Jww)だ。私が最初に覚えたCADDOS版のJwCADJWC)でした。今は完全にwindows 版に移行した。操作の大きな違いはクロックメニューになったことだ。クロックメニューの使用なくしてJwCADユーザーとは言えない。でも教室をやっていて残念なことにJwCADを使用していてクロックメニューを殺している人もいるということ知った。時計メニューの操作はなれると、これなくしてはもう作業はできない。でも旧態どおりのクロックメニューなしで使っている人もいる。使用しなくても作業はできるが・・・JwCADの特性はクロックメニューにあるのだ。もったいないの一言である。DOS版の時も操作性は抜群であったが、クロックメニューはそれを上回っている。JwCADが身に付いたら他のCADへの移行は難度が高くなる。比較してしまうからである。

 

http://www.sapporo-cad.com

生徒の定員についてのお知らせ(平成23年1月11日)

本年1月より私のスクールは、生徒の生活のためにより時間を確保することにしました。今までは、建築図面などのCAD業務を請け負っていましたが、今年からはそれもやめることにしました。今は不況で大変な時代です。生徒は生活の安定を求めてきているのが手にとるようにわかります。それで私のスクールでは他の業務を一切受けずにCADスクール一筋に絞ることに決めました。会社の利益より、生徒の生活の安定のために役立ちたいと思います。いままで長いこと実務で培ったことを教えることが、いま必要なことであると痛感しているからです。この経済状況の厳しい北海道を生きるために私も皆様のために一役かいたいと思っています。定員も増やします。他より断然安い低価格で道民の負担を減らします。ぜひ、私のスクールへ来てください。北海道で15年の安定した実績があります。私と女性のスタッフが、心よりお待ちしています。よろしく。

※定員は2014年7月より7名にしました。6名を超える受付は来月回しということです。ここは大手のスクールではありません。講師1人の教室です。利益は求めてません、人を育てることが理念です。また、ほかに図面作成業務も現役でやっているからです。その辺ご理解のほどよろしくお願いします。  

20111月社長あいさつ

現在20111月、本年度の挨拶も昨年同様です。ここ白石区周辺の店舗・会社など倒産が目立ってきています。とくにテナントの空き状況は深刻です。いまや安くなくては消費は動かないのです。スーパー大手のビッグハウスも安物商品を陳列して客を集めています。買い物に行けばそく理解できると思います。国民の消費購買力が落ち込んでいるからです。今年も昨年に引き続き、テレビ新聞でわかるとおり、牛丼店なども大幅な値引きを続行しています。240円〜270円の間で競争しています。私のCADスクールもいまも経費節約しています。だからできることは何でもしています。例えば宣伝広告費なるものも私のスクールではホームページのほか、スクールサイト一つだけです。広告費は一月11500円以内です。また、教室内も節電に努めているので生徒のいないときは暗いです。人件費なども他と比べたら問題にならないほどです。
だからこそ北海道では一番の低価格スクールとして今年で
15年もの長期間続けています。内容が悪ければ続きません。いまや北海道でCADスクールと言えばキャドステーションと言ってくれます。ありがとうございます。頑張っています。今後ともよろしく。

毎月10名から15名の生徒が習いに来ています

JwCADで似顔絵を描いて1年近くたった時の作品になります。いつも苦労する部分が髪の毛になります。だから似顔絵の対象は長髪でないことでした、髪の毛の数は・・・複写ばかりでは駄目、基本は1本1本で全体を描くのが基本になります、画面でわかりますよね。なぜJwCADAutoCADで描かなかったのかはJwCADの曲線コマンドの操作性・線の強弱がAutoCADより優れているからです。AutoCADが売れているのは世界標準のCADだからです。JwCADはフリーソフトですが優秀な建築専門CADです、もちろん汎用CADであることも言うまでもありません。JwCADは手描き感覚のCADでわかりやすいです。AutoCADは難度の高いCADです、選択するCADは慎重に・・・。

私がJwCADデータとAutoCADデータを変換して使うならCALS TOOLSだ。このソフトは無償ではないが一括素早く変換してくれるオートディスク製品だ。でも一般の人は2500円くらいで有名なソフトがある。ネットより購入できるし、デモ版もある。ジャックコンバーターという名前のソフトだ。ネット検索ですぐ見つかる。最初は手こずるかも知れないが慣れると便利さがわかる。JwCADAutoCAD間の変換専用ソフトだ。使うならこれしか選択の余地はない。でも原則は同じCAD間での作業だ、変換すると修正とか作業時間のロスとか片側通行だけならいいが、お互いにやり取りするならやめたほうがよい。同じCADが操作できる環境作りが必須である。

現在受付人数

多くの人がAutoCADを毛嫌いするのはどうしてだろう。壁にぶち当たって諦めるのである。それは至って簡単だ。例えればワード・一太郎はワープロ入力できる人なら文字入力くらい誰でもできる。AutoCADはそうはいかないからである。入力前にまず設定・・・。簡単なことができないから混乱して諦めてしまう。自分もそのことが手に取るようにわかる。AutoCAD攻略はそれを乗り越えたらOKなのだ。それだけのことです。生徒が持参するAutoCAD図面を見る機会があるが、おかしな図面も・・・多々あるとは言わないが。オートディスク社は開発段階でもっと考慮すべきだったと思っている。年ごとのバージョンアップを見ても急ぎすぎている。後での修正プログラムも毎回でているくらいだ。その点JwCADはもう安定している。完成しているのである。JwCADとAutoCADの違いは簡単に言うとわかりやすさ、つまり作図の概念が違う、実寸のCADかどうかである。手描き感覚のJwCADは実寸ではない、縮尺して描く。一方AutoCADのモデル作図空間では実寸である。正反対の感覚がいる。

現在CADステーションで教えているCADJwCADAutoCADの2つだけです。でも昔は他にもいろいろ教えてました。CADソフトの数は多く出回りましたが淘汰されるのに時間はかかりませんでした。残ったCADJwCADAutoCADになります。それ以外のCADはマイナーであり、メジャーなのがJwCADAutoCADです。なぜ淘汰されたかはデータ交換にあります。同じCADどうしでないと作業ができないからです。無理にやると変換作業が入るし、変換も完全なものではありません。作業の正確性から同じCADになります。社会では正確さが要求されます。変換した人なら理解できるだろうが、時間も要するし苦労するのである。図面によって変換も一律ではない。そんな苦労するより同じCADを操作できる環境にするべきだ。図面の品質を考えるうえでCADの変換は避けるべきある。

CAD教室を長くやって思うこと、習得の秘訣はCADの本を読んでも身につかないということです。とにかく最初は手を動かして一つのオブジェクト(作品)を時間をかけて仕上げることになります。最初は小さな図形から始めればストレスなく習得できるはずです。CADスクールで多くのお金と時間をかけることではありません。基本がわかれば家でコツコツやってれば自然とCADは上達します。私も経験者の一人です。とにかくCADは白紙から印刷まで一連の操作をやることです。それで自身が付きます。後は各CAD図面内のボリュームが違うだけです。全く心配いりません。とにかくCAD習得は焦らず少しずつです、千里の道も一歩より・・・・。

CAD習得にとんでもない高い授業料と長い時間をかけようとしていませんか?ソフト一つ覚えるのにそんなおかしな話があるでしょうか。適正価格は教材費込みで5万円以下です。CADステーションでは就職しても困らないCADを教えています。長い時間かけて大金をつぎこんだ・・・の生徒も来ています。50万以上使い果たして来る生徒もいます。まったく他人事ではありません。・・・の生徒は後悔しています、ネットの口コミを見て確認してください。最初からCADステーションへ来てればと・・・・。CADステーションが13年間潰れずに評価されているのは適正料金で生徒が問題なく就職しているからです。5万円でおつりがあります。お金は有効に使いましょう。まとめて教えるのではなく一人一人をその人に合った教え方で習得してもらいます。私は利益追求はしてません。食費が出ればそれでOKなんです。余ったお金は他のものに使ってください。

cadスクール 札幌 北海道

cadスクール 札幌 北海道

cadスクール 札幌 北海道

北海道民の生活を支えるために低価格で応援します。北海道民の大多数は生活が大変です。非正規労働者で低賃金・・・転職ばかり・・本当に大変です。CADは非正規でも時間給は高いです。CADを習得し生活を安定させてほしいです。仕事中相手するのはPCです。相手がPCなので対人関係も問題なし。ストレスなしです。これからAIの時代です。CADはなくなりません。AIに対抗できるツールなんです。将来心配なく生活を守ってほしいです。

cadスクール 札幌 北海道

NO.1〜完全マンツーマンなのに受講料金が安い  < 74
NO.2〜入会金0円・教材費込み・消費税0円追加なし < 13
NO.3〜フリータイム予約制・当日の予約も受付でる < 8
その他   <
4

cadスクール 札幌 北海道

当教室はとても小さい会社なので本社経費とか、とてつもない高いテナント賃貸料とか、高額な広告費とか、重役らの高額人件費などCAD授業に関係ない費用は0円です。だから適正料金で学べるのです。高額な受講料をとるところは、関係ないとこへ入金されるお金が多いと思って結構だと・・・・。CADステーションの受講料は無駄が一切ありません。もちろん利益などありません。食費だけでればOKです。安心して受講してください。

本当に気をつけてくださいね。

以前こんなことがありました。問い合わせで「なぜ他と比べて安いんですか」私は答えました「無駄な試験や関係ない学科などは教室ではやっていません。仕事で必要な事だけ教えます。だから短期で・・・」でも、その人は・・不安?に感じて信頼を得ることができませんでした。当たり前です、いろんな考えのいる人がいるからです。CADステーションへ来てくれる生徒は問い合わせなどしません。ホームページを見て即申込んでくれる人ばかりです。もちろん疑う人は来ませんし、疑うような問い合わせをする人も来ません。人それぞれです。CADステーションに相性がある人だけでです。普通は個人会社より大きい会社を選択するのが原則です。でも最近は大きい会社も・・・・。やはり何でもそうですが人生はすべて選択です。結果勝負、自分で決めましょう。成功も失敗も成長へ・・・。

★2008年3月より貴重な時間をレッスンに当てるため、資料請求の受付は中止しています。
  授業にくる生徒に集中するためです。よろしくお願いします。本HPで判断してください。今年で札幌  CADスクールで17年間成長続けています。

15年前は、液晶モニタの価格が高い時だったので22インCRTモニタで教えてました。

札幌CADスクール

札幌CADスクール

札幌CADスクール

札幌CADスクール

札幌CADスクール

http://www.jwcad.jp/

休止中

     入校申込は20191月現在、メールでの申込のみになっています。昨年6月ごろまでは電話も受付けていましたが、レッスン中によく鳴って生徒に迷惑が出だしてきているので電話は取り外しています。メールは本人ができなければ誰かに頼んでください。よろしく。ここは生徒に対して始終完全11の指導体制をとっています。創業して23年始めの3年は設計事務所でしたが4年目から教室業務に専念しています。この間低価格で頑張ってきています。それができるのも生徒が来てくれるからです。ありがたく思います。ここは就職、転職、パートなど仕事に使えることを重点に教えています。だから始終完全マンツーマンになっています。少数制のスクールもあると思いますが習得は難しいと思います。これは私が言うまでのことではないですけど。完全マンツーマンは利益がでないので通常の会社では選択しません。生徒一人一人が貴重な予算で来ているので、こちらも手を抜くことはできません。

     個人情報は名前・電話番号以外は記載不要、もちろん住所記載は不要です。

     入校申込書に書くのは電話番号と名前のみ簡単なものになります。

     教室は年間売り上げが250万円以下なので国への消費税の納税義務が免除されています。だから生徒は消費税を払う必要はありません。

     教材は私がPC作業で作っているので料金不要、コース料金に含んでいます。

     入会金など不適切なお金は頂いていません。コース料金のみで卒業になります。

 

<重要ポイント>
よく質問されることですが、資格試験などに対応していません。仕事に必要な実務作業になります。就職するのに資格で募集しているところはありません。求めているのは実務のみになります。新しい就職先で困ることがないように、それだけを念頭に教えています。不必要なものは教えていません。これは
CADに関してだけではありません、WordExcelなども同じことです。難しいことを実務で使っていますか。CADも同じです。例え、資格があったとしても仕事実務ができなければ即解雇されます。ではよろしく。

http://jwcad.org
http://jwcad.biz

http://jwcad.org
http://jwcad.biz

2018年12月29日独り言

私がホームページを作成したころはインターネットが始まった時だった。本を買って勉強して一人でやった。あの頃スクールに通うお金などなかった。すべて独学で作った。プロバイダはOCNの無料ホームページPageONにプロバイダのドメイン名を使用してアップした。アップした翌日に上位表示されて驚いた。ところがだ、10年くらいたって閉鎖したのだ。独自ドメインではなかったので・・。今から考えると独自ドメインを取って上位表示できるか試してみるべきだったと反省している。

 そして次に私はyahooJapanが運営するYahoo!ジオシティーズ.という無料のwebページ作成サービスを利用することした。無料なので3本ホームページを作った。これも3本とも上位表示された。ホームページの作り方を理解したのだ。今度は過去の反省から独自ドメインを取得した。独自ドメインは早もの勝ちだ。いい名前は先取りされていた。Jwcadのcomドメイン名は本家本元がすでに取得していた。それで近いのを取得してアップしたが、これも上位表示にもってこれた。上位表示は独自ドメインのみではきまらない。テクニックがいる。勉強するしかない。時には独自ドメインを取替える必要に迫られる場合がある。独自ドメインならジオシティーズが閉鎖されても問題なしだ。

 上位表示を求めるなら検索エンジンを学ぶ必要がある。何を求めているのか。20年前は簡単に上位表示を狙えたが、昨今は難しくなってきた。でも諦めてはだめだ、研究するのだ。CADの習得も自分に合った方法を見つけてほしい。習得する能力は個人個人みんな違うのだ。一律に教える大手のCADスクールは自滅した。理解しなかった。いま現存しているスクールも時間の問題だと・・。生徒はもうわかっている。適正料金がどれくらいかを。パソコンスクールなど若い人はもう相手にしていない。だから高齢者にターゲットを変えている。高齢者は可哀そうだ。オレオレ詐欺にあうのも高齢者だ。今の世の中、真っ当な人が騙される。会社は生き残るために社員にも無理させる。ブラック企業だ。楽に生きたかったら公務員か大手企業になる。私の就職戦線の時は寄らば大樹の陰という言葉があった。でも昨今そのことばも世の中が複雑化して・・・大変な時代になっているのか?最後はあなたの選択しだいだ人生は!あなたの人生どうするか。まさに君たちはどう生きるかで決まる。
 
2018101日にYahooジオシティーズが20193月末で閉鎖されると発表された。webページ作成の草分けだ。私も現在、全部のホームページを登録している。ID登録会員は400万人もいる。みんな大変だ。ヤフードメインを使用していた人は苦労するだろう。私は以前の失敗があるので、すでに独自ドメインだ。正月休みに他のプロバイダに移転する。いつ何が起きるかわからない。安心して生活するには保険は必要だ。ホームページも1本で勝負するほうが上位を狙えるが、でも保険を考え数を複数にした。世の中危険がいっぱいある。地道に生きるのがいいと思うが。どうだろうか。



ここまで閲覧ありがとうございます、下記のコマンドを提供します

http://jwcad.org
http://jwcad.biz

AutoCAD2008LTインストール済み中古ノートパソコン
Aコース入校生徒対象で1名様 売切り御免です
★生徒が不要での代理出品販売になります〜練習用に最適だと思います

パソコン仕様
富士通株式会社 FMV−C8230   CPU/1.46GHz
メモリ /0.99GB    HD /40G
OS/Windows XPプロ  SP3

33,000円〜43,000円入会金不要・教材費込み
この価格で就職OK
。免税事業所なので消費税
は頂きません。

いよいよ2009年がスタートしました。北海道は大変です。入校生徒の状況からでもよくわかります。派遣切り、リストラ、会社倒産などが原因の生徒が増えてきています。いま北海道では仕事があまりない、あっても賃金が安い、だから内地へと今までは言ってましたが。東京だって今相当に悪くなっています。これからますます仕事が減ってきます。だから技術を身に付けておかないと大変なことになります。就職にとってCADは有利になります。事務職だって、現場仕事だって、アルバイトだってCADができれば優先して採用されます。仕事ではワープロ、CADは採用にどこでも優先されます。社会が要求しているからです。でもCADスクールは高額で・・・・でも心配ありません。CADステーションは低料金しかも完全マンツーマンだから習得できます。北海道で長いことやっています。入校数も今では一番です。他校からの卒業生も、どういうわけか来ています。それと生活不安から、中年の女性が増えてきています。給料はさがるし、物価もあがる。生活のやりくりが大変です。生活保護世帯も増えてきています。とにかくCADに関係しない仕事でもCADができれば有利なのは間違いありません。いまはCADだけでは仕事がない現状です。事務をやりながらとか、現場作業をしながらとか、経理をやりながらとか、とにかくかけもちでないと仕事が見つかりません。
特に本年2月頃からは仕事がないので勤務中に来る生徒も、また幹部クラスの生徒もいます。例えば1月まで大手建築会社の現場所長をやっていたとか、また建築会社の社長さんも何人かいます。本当に大変な年です!ここは札幌CADスクールで17年間成長続けてます、よろしく。
本年4月にはいってからも経済状況は悪くなるばかり、給料は減り共稼ぎの夫婦が増えています。当教室にも子供を持つ若い女性が増える傾向にあり、反対に独身の若い人は減りました。
※描きたい図面・持ち込み図面がない人はスクールの標準図面を描きます
CADステーションは実務経験を含め35年におよぶ豊富な現場経験があり、ここで学んだ知識は将来
あなたの貴重な糧になると思います。授業も始終1対1で質問も何でもOK。他と違いカリキュラムは
生徒の希望に合わせます。希望がなければスクールの標準カリキュラムで進行します。
私は1級技術免許所有者であり、過酷な現場での経験もあり、どこのスクールにも劣らないと確信して
おります。生徒の理解は一人一人ちがいます。こちらでは生徒に合った教えをしますが、もし合っていないので
あれば言ってください。希望に沿った教えに切り替えます。1対1なので意思の疎通ができるので安心
してください。身体の調子が悪くなったら無理をしないで話してください、授業は途中でも次回へ変更
調整します。私も体調が悪い時は生徒に伝えて休ませてもらいます。1対1なので、とにかくなんでも
相談してください。大きいスクールではないので融通はききます。よろしくお願いします。

多くの女性が選ぶCADスクール

今年で 創立17年 を過ぎるにあたり振り返って考えてみると、いまスクールの理念がようやく生徒数も多くなり評価されていると痛感する今日この頃です。スクールは当初から指導体制を11の対話形式完全マンツーマンとしていました。社会貢献を目的に当初は赤字スタートでした。はじめは運営も苦しかったですが、毎年少しずつ生徒が増えてきて現在では利益こそありませんが、生徒数が多いのでやりくりできます。赤字ぎりぎりでもOKなんです。いまでは北は稚内、西は北見・根室・釧路そして南は函館と北海道全域をスクールエリアとして活動するに至っています。

スクールが完全マンツーマンを選択した理由は、生徒からお金をもらう以上責任を果たさなければならないという当たり前の発想からです。なぜそういう考えが生まれたかは、まだ自分が社会人として始めのころ講習なるものをよく受けましたが、ほとんどが身につくものではありませんでした。習得したのは自分で頑張ってきたからでスクールの教育によってではありませんでした。今から考えるとなるほどとわかりますが。話を聞くだけの講習は身につきません。学生時代を思い出せば・・・・。一緒になってやるのでなければ駄目だとわかりました。その結果選んだのが完全マンツーマンの11です。レッスンの最初から最後まで常に隣で対話をもって一緒に進めていくからわかるのです。生徒の疑問にすぐに対応できなければ生徒は自滅します。
創立時から現在
2007年に至るまで、卒業生からはまったくのクレームがでていません。何故か?生徒の質問に真剣に答えながら11の対話でもってわかるまで指導しているからです。これからCADを習いたい生徒は、この完全マンツーマンの素晴らしいレッスンスタイルを一人一人に是非知ってもらいたいと思います。他では、どこでもできないレッスンスタイルです。何故か、利益が出ない指導方法だからです。当スクールは営利目的ではなく社会貢献だからやっています。コース料金1980049800円以外1円の追加請求などありません。教材費もコース料金込みになっています。もちろん免税事業所なので消費税もかかりません。特定商法を順守しています。問題なくやっています。このスタンスは他とは全く違います。
入校してから訳のわからない追加料金など一切ありません。とにかくコース料金以外も
1円も請求したことありません。最初にもらってからまた請求するのは生徒に対して失礼です。世の中、詐欺が増える一方です、こちらは本当に迷惑しています。キャドステーションはいまも詐欺が多発している社会において適正価格と良心的教育を長年培ってきました。いまでは女性の生徒が増え続けています。これからも頑張ります。ではあなたの大切なお金をどこで使うか本当に後悔しないように選択してください。ではよろしくお願いいたします。

講師は現場実務経験豊富な1級技術者です。隣で11丁寧に教えます。

この金額は社会貢献しているCADステーションだけができる金額
他では絶対できません。利益が出てこないからです。

 キャドステーションは23年前(現在2018年)に創業しました。私は社会人として大手の大和ハウス
工業に入社、その後公務員、中小の民間会社で建築畑を歩んでいました。いつごろかサラリーマン
生活に行き詰まりを感じ、設計事務所を立ち上げましたが、時間の不規則な生活にも先行き不安を
感じていました。この時に生活の糧と考えた職がCADインストラクターになります。現場でのCAD実務
が生かされるし準備金もいりません。これがスタートになります。
 CADを始めたころは、ほどんどの人がJwCADでした。建築関係だからです。CADはJwCADができたから違うAutoCADができるというものではありません。ワープロならワードも一太郎もこなせますが。
CADを選択するときは、どの職業につきたいかによって決まります。大きく分けると建築関連かそれ
以外ということになります、北海道の場合は。
 長いこと教室をやってきて思うことは、JwCADはわかりやすいCADだと一言で言えます。日本生まれのCADだから当然ですが。それと違うのがAutoCADになります。設定が理解しづらいのです。だから図面もらっても、AutoCADの図面は適当な図面が多いのが現実です。でも適当でもCADで一番大事な事は正確性です。寸法・文字の設定が多少わからなくても間違いのない値・文字であれば合格点かもと?
 最初にスタートした場所は、JR野幌駅南口前になります。野幌の時は多くの若い生徒が来てくれ
ました。その後、JR白石駅前に移転しました。白石では3年間いました。その後も大麻〜厚別と短期間
の移転を繰り返しました。荷物は少ないので、気分転換には引っ越しが一番です。
 今はもう若くないので今年に入り生まれ育った大麻に舞い戻りました。いまの思いは、如何に受講料
を安くして習得させるかを目標に頑張っています。CAD習得に5万円以上かけるのはもったいない事
だと・・。余ったお金は他で有意義に使ってほしいと思います。後10年は続けたいですが何とも・・・。
いつも考えていることは健康管理です、若い時はそんなことは考えもしないが・・・いつまでも生きれないのが宿命なので、いまのうちに長生きの基本を身につけたいです。長く生きて
きて一番大切なことは、生活第一とにかく生きる事だと痛感しています。

泣Lャドステーションの沿革ほか

 かれこれもう15年以上前の話になるが、CADを習いに来た25歳くらいの生徒の話だ。生徒は食品関係の職人でした。私の教室に来た理由を話してくれた。〇〇〇・・CADスクールで30万円以上つぎ込んだが、また追加請求されてもうブチ切れて来たと言うのだ。私は・・・。会社は利益追求しなければ潰れます。私も民間の会社にいたので当然わかります。利益を出すことが最優先します。だからいろいろなことを考えて売上を上げるのです。生徒の習得より売上が優先されます。どんな会社であろうとそうです。CADスクール関係であればネットを見れば一目瞭然、卒業生の口コミでわかります。でも最近は口コミも詐欺まがいのがあるので注意です。評価を見ても信用できなくなっています。極端な評価で分かれている時は詐欺を疑ってみることです。その上で自分の判断です。人に頼らないことも大事な要素です。その生徒はCADステーションであの時は10回コース49900円でAutoCADを習得して卒業、そしてすぐに就職しました。後日お礼の電話があったことを思い出します。CADステーションは何回も言っていますが、家賃と食費だけあれば十分なので余分なお金はいりません。将来に備えて貯蓄でもしてください。

現在教室では電話は置いていない、それは昨年からである。一人なのに電話が・・・で悩まされる。いま私のCADスクールはメールだけで対応している。CADに関しての内容でなかなか切らない人もいる・・・もう安心だ。いまのところCADスクールは順調に推移している。いままでになくCADに集中できるようになった。ストレス解消熟睡できる。電話をもてば詐欺にもあう。いつだったか卒業名簿を使った電話がきたことがある。〇〇君と〇〇君にも買ってもらったとか。当時はその電話を疑うことがなかった〇〇君がどこで生きているか知らないからだ。買いはしなかったが、本当に詐欺は他人事でない。誰でも引っかかる、相手はそれに人生をかけているのだ。おかしな職業もあるものだ。そういう人は死んだら地獄に落ちると・・・大霊界の宣伝マン故 丹波哲夫が本で書いていた。

AutoCADLTのソフトは買うと20万円前後する。定価はない、オープンプライスになる。ネットで安いところを探すことになる。オークションでやっているCADソフト新品・中古品とかは避けたほうがよい・・・。いまはオートディスクでも3年版とかアカデミック版とか正規品で安いのがある。でも〇〇関係者には海賊版CADの使用が多いと聞くことがある。でも最近は内部告発で弁護士から電話がくるそうだ。一人部屋で隠れて使用するならいいが・・・オートディスクには取締る窓口がある。安くても高くついたら危険、だから・・・・。でも中国とかは90%、その次にロシアも偽物が多いらしい何でなんだろう、そういう文化なのか。私のCADスクールにはCADが入っている貸出しノートパソコンがあるから無料で利用してほしい。

私は古くからのオートディスク社と保守契約プランを結んでいる。毎年新バージョンのAutoCAD製品版を購入している。購入しなければならない。一度でも契約しなかったらもう更新はできない。だから引退するまで購入する必要がある。私のような立場ならOKだが、一般の人は馬鹿らしくてその必要は全くない。バージョン2011年以降のどれかを持っていれば仕事では心配ない。毎年ほんの少し変わるだけだ。要は売上のための戦略だ。会社だからしかたないそう割り切っている。保守プランは仮に契約破棄しても過去のAutoCAD製品のライセンスは永久に使える。他にサブスクリプション契約があるが。説明はしないが・・・これは永久ライセンスではない。契約期間のみのライセンスだ、契約破棄したらもう終わりだ。でもいつでも新規契約できる

私は実務CAD図面もいろいろ経験してきた。朝から夜遅くなるまでやってきたこともいっぱいある。作業中とにかく拡大・縮小・全体表示の繰り返しだ。これがブラック企業なら当たり前の・・・。CAD図面作業中は手書きと違い常に全体を見ているわけではない。見えないところに注意が届かない。だから落とし穴がある。CAD図面は仕上がったら、しばらく全体表示して眺めてみることを進める。見ているとあっと思うことに気が付くだろう。必ず間違いが見つかる。CAD図面は部分部分をみて作業しているからである。全体を見失っているのだ。作業中全体を意識して描いていたらそんなんでもないだろうが。作業中はレイヤ分けもそうだが、他のことが無視されがちになる。だから時々休憩する必要がある。それは間違いを避けるために必要な時間だ。

私がAutoCAD図面の修正を頼まれた時に原則となるのは、修正する図面にある文字・寸法・作図法に従う。それがおかしいとわかっていてもである。あえて正規の設定に修正しない。それが作業効率もいいし全体のバランスもくずれない。でもはっきりおかしいというものは直す。CAD図面は原則として書き込み寸法は禁止だ。でも編集していると時々書き込み寸法がみられる。でもそれを直そうとすると大変な作業になる。書き直しになるケースもあるだろう。そういうケースは依頼者と打ち合わせだ。お金のからまない図面ならいいが・・・CAD図面がいい加減だと・・・図面で仕事が進むような時は後で取り返しがつかなくなる。CAD図面を軽く考えると命取りになる。CAD図面の中で一番注意しなければならないのは寸法値だ。これは図面で仕上げているからだ。寸法がいい加減だとやり直しになる。時には会社が潰れるかもしれないのだ。手書き図面と違い自動寸法だからクリックした位置が間違ってもそのまま・・。寸法作業は注意が必要だ。

以前はよくCAD関連の本や雑誌を購入して勉強したものだ。でも現在はCADのバージョンアップの新規機能に目を通すぐらいだ。CADの本を買いに行った人ならわかるだろうが、買うのに迷うはずだ。AutoCADJwCADどちらがいいか。JwCADは日本生まれのCADだしフリーソフト、わかりやすい。スクールなんか行かなくてもJwCADを使いこなしている人は多い。AutoCADは就職に・・・。でも習得するのに本なんか必要ないし高齢者には無理である。CADの本なんか読んでも2〜3ページも読んだら飽きて先に進まないはずだ。買わないに越したことはない。私は生徒にCADの本は進めない。無駄遣いになることを知っているからである。だれが読んでもすぐゴミ屑になる。おもしろくないし、興味もわかない。もしどうしても買いたいならコマンドの解説本だ。いわゆるリファレンス本だ。それしかない。

AutoCADを自分のものにしている人は少ないと思う。一様は描けるが・・・である。自分のものにするとはどんな図面でもレイアウトでも素早く手が先に動くようになることである。CADのコマンドを熟知してないと駄目だ。どうやって描くのか・・・何て考えなくなるようでないと・・・。図面の編集・修正ばかりしていると一様知っている程度で終わってしまう。またそういう仕事も多いから無理もない。AutoCADの図面作りは常識から離れているから普段からやってないと忘れてしまう。常識から離れていると言ったがそれは手描き図面と比較したらの話だ。AutoCADの図面を白紙から印刷まで正規にこなす人は少数しかいないと思う。ここがJwCADユーザーと間違いなく違うところだ。

2019年現在、15年以上前と比べて若い年代の生徒は確実に少ない。当たり前だ、CADの仕事で編集や修正程度ならわざわざCADスクールへ行き大金を払う必要がないからだ。わたしも同感だ。図面を白紙から仕上げまでやる人は一部だ。後は編集・修正である。若い人は自分で少し勉強しただけで習得できる。そのために大金を払うのは馬鹿げている。会社の同僚や先輩の指導で十分である。スクールより速く効率的なのも間違いない。私のCADスクールはまわりに誰もいない人またCADに馴染めない人のためのCADスクールになります。若い人は自分で習得できます。でもAutoCADはちょっと大変かも・・・本を読んで勉強するのが嫌いな人は私のCADスクールへきてください。

2019110日オートディスク社からメールが届いた。今後のバージョンは64ビットのOSのみに対応するということだ。32ビット版は廃止される。Windows10 ではAutoCADLT2017以降は64ビットのみ対応だけだった。Windows732ビット版では201720182019OKだが2020からはOS64ビット限定になるということだ。教室のパソコンはwindows10の使用なので以前から64ビットシステムなので問題はない。これからパソコンを買う人は64ビットオペレーティングシステムになる。

1年に数人のJwCADユーザーがAutoCADを習いにくる。理解できないという。当たり前の話である、正直な人間である。以前実務に携わっていたころ仕事上一緒になったグループにJwCADAutoCAD両方できると自慢していた図面屋がいた。応援で図面を依頼したのだが驚いた。頼んだ図面はいい加減なものであった。それ以来縁をきった。大金を払ってこれでは詐欺同然だ。これ以来CADの図面は人に頼むものではないと固く誓ったものだ。一般の会社員がJwCADAutoCADの二刀流は無理なのだ。大谷翔平にはなれないのである。私のようなCAD講師を除いては無理だ。CADだけで飯を食っていないからだ。JwCADユーザーは習いに来るが理解度は期待通りにはいかない。JwCADがわかりやすいCADだから至極当然な結果である。

私の場合職業を多く変わった・・・私の時代には非正規とかそんな言葉はない。長く勤めようとすれば我慢するしかない。私には協調性がない、組織に向いていない性格なのだ・・・だから転職多しという結果になる。ある程度の年になると転職は難しい、当たり前だ。それでCAD図面屋として数年を過ごし、それからCADスクールを始めた。少しのお金があれば生活できるだという考えに行き着いたからだ。それがなかったらCADスクールは続けられない。儲けようとしたら生徒は来ないからだ。今まで随分のCADスクールは自滅したのを見てきた。大手のスクールも多くは撤退した。もちろん小さい教室は消えて行った。利益を度外視したCADステーションは生き残ったという歴史がある。家賃光熱費・食費以外ほとんどお金をつかわない生活になった。他の物を買うときはCAD関連の事務消耗品になる

私が学校を卒業して社会人になった時は良き時代だった。もちろんCADはない、パソコンがないからだ。カシオの電卓が出始めの頃だ。タバコでいえば、ハイライトが70円・セブンスターが100円・ショートホープが50円の時代だ。今から思うと時の流れがスローだ。今は速すぎる・・・この先どう変化するのか・・・終末は・・・。当時図面作成は机の上に製図板が置いてあり、それにT定規、三角定規・コンパス・鉛筆・消しゴムそれだけで作業が進んだ。CADの到来は予想すらできない。いまでは考えられない状況だ。懐かしくもありだ。当時本屋にも多く通った。今はネットで注文、アマゾンは大儲け社長は世界一の番付だ。一般書店はほぼ全滅だ。CADは時代の流れで誕生した。CADで安定した生計を立てる人はしっかり身に着けてほしい。時代の流れに追随するしかない。

 

誰でも仕事ばかりしていると問題が生じる。良くても出る釘は打たれるからだ。一番恐れるのが健康被害だ。仕事によって違うが、CADの作業の場合は仕事柄働く姿勢が動かないから血流が悪くなり病気の最大の原因になる。避けるには日ごろからの適度な運動になる。運動する時間のない人は歩いて通勤するとか・・・。とにかく仕事より健康第一だ、でもそれは病気になった人しかわからない悲しいことだが。一度は病気しないとわからないという・・運がわるければ一度の病気で死んでしまう・・・。自分もすでに経験した、だから酒もやめた。我慢したらまた飲んでしまうが・・・我慢でなく忘れてしまったのである。飲む必要がないところまできた。おかげで病気とは縁がなくなってきている。CADで生計を立てている人は健康に注意してほしい。CADで安定した生活をゲットしても病気になったら悲しい。

いま引き籠りが増えているという。それはまわりが言うだけである、当人はそんなこと考えていない当たり前の生活をしていると・・・私は半数以上いると考えている。私も外出するのは近くのスーパーへ買い物・近くのスポーツジムに行くそれだけだ。それが365日続くのである。だから買い物もジムも必要ないなら完全に引き籠りになる。CAD作業ばかりで引き籠りなら長生きできない。私にとって買い物とジム通いは命を繋いでくれている。今の時代CAD図面請負も多いことだろう。家にいるだけで仕事して収入を得ることができる。CAD図面もメールで済む、便利な時代であるが命を削っているのである。若い時は血の流れもよいが年とともに血の流れが悪くなり、いわゆる癌細胞が好む住む環境になる。CAD作業の合間に是非軽い体操を取り入れてほしい。

AutoCADが異尺度対応という概念を打ち出してから10年が過ぎたが、理解が進んでいるのだろうか。疑わしい・・・オートディスク社は黙り込んでいる・・・時間が過ぎて解決してくれるのを待っているのか。このままだと一部の人だけ理解して・・・心配になってくる。AutoCADが異尺度対応を打ち出したのは理解できる。それは異尺度対応の混載している図面があるからだ。でも従来のレイアウト機能もあるのでいいはずだが。でも現状でモデルでの仕上げ作業がなくならいのが原因だと考えている。AutoCADのおかしな図面が一向になくならいからだ。何とかして異尺度混載図面のよりよい作り方を考えた結果なのだろう。でも私は異尺度対応という概念は2008年以前のユーザーには簡単には移行できないだろうなと考える。異尺度の追加だとか削除だとか何だこれって?概念がわかるところまで辿り着いたならOKだが、誰もがそこまで行くとは思わない。

私がAutoCADで好きでよく使うのがグリップだ。オブジェクトを選択すると青いマーカーの印が表示される。グリップと呼ばれるものだ。通常のユーザーは選択されたことを表しているに過ぎないと考えているだろう。ところがそれは見当違いだ。グリップこそAutoCADの持ち味なのだ。それがわかればAutoCADのヘビーユーザーとなるのである。グリップを使わない作業なんて考えられない、もったいない話である。他のCADユーザーがAutoCADを毛嫌いするのは理解できる。自分の使っているCADと比較するからだ。だから諦めてしまうのである。特徴を見逃しているからに過ぎない。私もグリップなしでは汎用CADとして人気はないだろう。扱いずらいCADだがしかたないから覚えているとしか写らない。AutoCADユーザーになったら是非グリップを活用してほしい。面倒な作業ではなく快適な作業になるだろう。

AutoCADは毎年バージョンアップしているが今まで一番大きな変化を目にしたのはリボンメニューだ。2009年に登場したインターフェースである。画面が一目で今までと違うとわかる。以前までのメニューバーにない複雑さを感じる。バージョン2014までは以前のクラシックメニューバーに切り替えができるので2009年以前のユーザーの多くはクラシックメニューに戻しているのではないだろうか。ノートパソコンでは作図領域が狭くなるからである。よく使うツールもしっくりこない、探す必要がある。クラシックメニューにはそういうことがない。でも2015年からは切替ボタンもなくなった。オートディスクも困るのだ。リボンメニューを使ってもらわないと・・・せっかくの新機能が生かされないからである。ユーザーは慣れる必要がある。私は慣れた、もうリボンメニューでないとやれないのである。AutoCADユーザーならもうリボンメニューを使いこなそうではないか。

AutoCADユーザーでカスタマイズしている人はいないだろうか。便利になっていいことなのだが。それに慣れてしまうとパソコンが変わった時とか、転職した時とか・・・ その都度パソコンをカスタマイズしなければならない。ネットでは便利なメニューもダウンロードしてインストールできるのはいいが・・・。やはりどんな状況でも直ぐに使えないと問題が出てしまう。あくまで同じパソコンを長い期間使えなければカスタマイズしないほうがいい。会社のパソコンは自分のパソコンではないので勝手にカスタマイズして何かあった時に責任を取らされる羽目に落ちる覚悟も・・・。そして何でもかんでもファイルをインストールするのは危険な行為である。ダウンロードするのは信用あるサイトからにしよう。私のCADスクールではカスタマイズは推奨していない。どこの会社に就職しても使えるAutoCADユーザーになってほしいからです。パソコンが変わってまごつくようでは困ります。

CAD作図で一番大事なポイントは線分コマンドをどう攻略するかです。とにかく一番よく使うコマンドが線分コマンドになります。私のCADスクールにはAutoCADを少し勉強した・・・少しはさわった・・・そういった人たちも来ます。最初はどう作図するか様子をみます。線を引くにもAutoCADには何通りかの操作はあります。でも何でもいいかというと違います。私の教える操作でやる人はいません。何人も試すわけではありませんが。これじゃAutoCADの壁にぶち当たってしまうと・・・。コマンドを実行するときには必ず何通りかの手順がありますが。選択する条件はストレスのかからないこと、これしかありません。また線の引き方も重量なポイントになります。とにかく線分コマンドを攻略するのがCADヘビーユーザーとなる条件です。線分コマンドを攻略できたら後は他のコマンドは追随してこなせるでしょう。

AutoCADのコマンドでポリラインコマンドがあります。線分でありながら繋がった連線です。JwCADにも連線コマンドがありますが、線は独立しています。AutoCADのポリラインは1本の線で扱われます。いまポリラインコマンドはあまり使われないコマンドになっています。これは大変もったいない話です。ポリラインを使いこなせば作図時間もかなり短縮されると思います。無駄な作業がなくなる。とにかく何本引いても1本の線として機能するわけです。それを多くの人は使っていません。使い道に気が付いていません。古いバージョンにはありませんが結合コマンドというのがあります。線分をポリラインにしてくれます。そしてポリラインは分解コマンドで線分に戻せます。リボンメニューの線分ボタンは一番左端に大きなボタンとして、その隣がポリラインコマンドの大きいボタンです。オートディスクはポリラインコマンドが主コマンドであると認識しているのです。

JwCADはフリーソフトである、無償である0円で入手できるCADである。それ故にJwCADはたいしたことないCADであるというレッテルを貼っている人もいる。悲しいことであるが・・・画面を見てもAutoCAD比べてみすぼらしい・・一昔前はツールバーも多くはインストール時に隠れていたので見栄えがよくなかった。そのせいかわからないが今はインストールしたら全てのツールバーが出る。必要ないのだが。私のJwCAD画面は昔の少ないツールバーの状態である。シンプルなのである。AutoCADも昔のクラシックメニューの時はシンプルであった。リボンメニューになると複雑感があり重く感じる。でも慣れるしかない。リボンメニューも編集して少なく表示できるが少ない表示だと使えない。JwCADはその点少なくしても使えるのだ。JwCADの素晴らしさを感じる。日本のCADは優秀である。日本社会全体ではAutoCADに負けている。それはしかたない、日本は世界を相手にしているからだ。

生徒でCAD習得が速いのは若い女性だ。文句の付け所がない。だから女性のCADオペレーターが多いのである。男性は遅い、仕事柄しかたがないのだろうか?CADは女性向きの職業である。一緒に仕事しているところだと理解できるはずである。ある時、CAD講習のため建売販売会社へ赴いたことがある。使っているCAD3DマイホームデザイナーPro仕様のソフトであった。ハウス会社のようなところはJwCADではなく3D機能・プレゼン機能もある・・・そしてJwファイルの読込・書出しのできるソフトがよい。それを女性が扱っているのだが・・その操作が驚くほど速いのである感嘆してしまった。何も言うことはない。女性は退職するので私に教えてほしいとの依頼であったのだ。女性に引き継げばよいのだが・・・いろいろ事情があるらしい。それにしても速いのには驚いた。私は彼女に速さでは負ける間違いない。

AutoCADJwCADを思うときに、私はワープロソフトの一太郎とWordを思い出す。一太郎をいまの若い人は知っているだろうか。日本生まれの優秀なワープロソフトである。いまでも役所・学校などで使用されている。Wordはマイクロソフトのwindows OSにつく自社定番ソフトである。勝負は始めから明らかである。世界標準のワープロソフトはWordである、言うまでもない。私は始めに習得したのは一太郎である。相当勉強した・・・でも社会では・・気が付いたら私もWordを使っているのである。一太郎は高機能なソフトである。でも日常では高機能は必要としないのでWordで十分である。CADも同じである。専門CADみたいな高機能CADは使いこなせないので・・・汎用CADであるAutoCADLTJwCADのシェアが高いのである。区別は職種によるのである。住宅・中小の建築はJwCADになる。JwCADは日本のわかりやすいソフトである。おまけに0円である。教えてくれる人がいない人、本を読むのが得意でない人がCADスクールに行けばとよいのである。でもAutoCADは難度が高い、本を読んだら・・・直ぐに壁にぶち当たるからだ。日本ではなくアメリカの発想したCADだからだ。なじめないから習得困難なのだ。

昨年1年間訳あって似顔絵を描いてきました。AutoCADでなくJwCADで描いています。両方とも日本では汎用CADとしての2本柱として地位を確立している。汎用CADとは基本コマンドが揃いどのような分野にも対応するCADです。専門CADはある分野に特化しているCADです。でも似顔絵はAutoCADでは無理です・・・時間かければOK・・・でも通常は無理なものは無理ということです。本来似顔絵はCADでなく違うソフトになるからです。私がチャレンジしたに過ぎません。まったく問題外の作図です。JwCAD特有の性質を利用できたからに過ぎません。似顔絵を1年間描いての収穫、最初はうまく描けませんでしたが、時間がたち・・・描く要領がわかってきたということです。これからは描くことはありませんが・・・コツコツやれば何でも上達することを再確認できました。AutoCAD攻略も同じです。

ある時期病気になって体調を崩し、生徒の募集を中止した期間があった。その時にコマンドの解説ボタンをホームーページに始めてアップロードした。それから時折、コマンド解説ボタンを増やしていった。最初の頃はJwCADAutoCADを同時に同数量アップしてきた。でもある時期からAutoCADが独走状態になった。それだけAutoCADはコマンドの解説が必要なのかと。JwCADが止まってしまった。これはJwCADのほうがレベルが低いわけでは全くない。両方とも生き残ってきた優秀な汎用CADである。AutoCADは世界標準で残っているが、JwCADは実力で生き残ったのである。他の汎用CADは消えたかマイナーとして残っている。AutoCADは例外である。AutoCADは当初から人気のない扱いずらいCADと言われたが世界標準として生き残って・・・。だから何も言わずにAutoCADは習得し受け入れるしかないのである。時間がたてば間違いなく身に付きます。JwCADと同じ感覚になる。でも時間がかかる。

私も何でも生徒の質問にすぐ解答できるわけではない。その時は後日解答しますという。少し傷つく。でも完璧な講師なんかいない。そんな時は本・ネットあらゆる努力をして見つけ出す。本についてだが、持っている本はリファレンス本だ。コマンドの解説に特化している本になる。買うならリファレンス本を生徒に薦める。CADの作図本は絶対に薦めない、害あって一利なしということ。まぁ買ってもすぐゴミ箱へ・・・全く無駄金になるのは明らかである。本の記述で教えきれないのである。だからわかりやすい教え方になる・・その教えが良いのか悪いのかは別として。普通の人だったら読むのにストレスを感じて疲労困憊・・・でも熟睡には効果があるだろう。普段使わないコマンドは覚えても忘れてしまうので・・・無理して覚える必要はない。自分が使えるコマンドで仕上げることができればOKである。

札幌
CADスクール
CAD
autocad
jwcad
cad
北海道

現在受付人数

最後になりますが私がこれからCADを覚えたいという人がいたら言うことははっきりしています。個人だけでCADを使用するならJwCADになります。就職活動で身に着けるならAutoCADになります。でも就職先が住宅・中小建築関連希望ならJwCADです。それでも選択は相手の会社が使用しているCADが優先します。CADはワープロソフトのように二刀流は不可能です。両方覚えようとしても中途半端に終わります。これが結論になります。あくまで私の意見です。ネットでは違う意見もあります。一般論はそうなります。CADはスクールに行かなくても習得できます。難しいソフトではありません。AutoCADもコツコツ時間をかければ習得できます。スクールは会社ですので売上重視です、利益がないと・・・。単なる図形を描くソフトと考えれば楽に勉強できると思います。WordExcelと同じように基本的なコマンドがわかれば社会では通用します。それだけのことになります。もっと深く理解したい人、予算のある人はスクールへ来てください。よろしく。

更新日/

私は実務経験も20年ある、その間図面作成は手書きが大部分である。CADは後半後になってからだ。いまはもう手書きでは仕事できない。図面請負の時代には図面が完成すると車に乗って渡したものだ。いまはメールボタン一つで用が済んでしまう。時代も変わった。でもCAD図面は綺麗だが間違いも結構多い。綺麗に見えるが・・・。拡大・縮小の繰り返しが多く目視で全体確認できないためだ。またファイルも新旧何枚でも簡単に作れ、どれが最新のファイルか間違ってしまう危険がある。CAD図面は管理保管が大事だ。データ管理はCADに限ったことではないが。HD(ハードディスク)だって、いつ破損するかわからない。スマホだっていつ盗難・破損を考えたら・・・。いい時代なのか疑問もある。今の時代、仕事ではバックアップが必須だ。それが嫌なら仕事を変えるしかない。

VectorWorksというマイナーでも割と一部の人に使われているCADがある。昔はミニキャドと呼ばれ店舗・造園・内装関連でライブラリーが揃い専用のアイテムを持っているのが強みだからか。オブジェクト指向のCADだ。わかりづらい概念を持っている。よく使う線分コマンドでも作図後も選択して編集できるのが特徴だ。レイヤの他にクラスというこれまたわかりづらい概念をもっている。2D3D向きだ。このCADを一般の図面でも使用している人もいる。自分は使っていたがやめた。一般の作図でのインターフェース(操作性)に違和感がある。独特なインターフェースなので好む人もいるのだろう。あくまでも店舗・造園などの仲間で使うCADだと私は思うのだが。ネットでの解説ではそうでもない。首をかしげるところだ。やはりメジャーはAutoCADでありJwCADであると確信している。VectorWorksも高額なソフトである。ソフトにかけるお金は AutoCADだけで十分である。VectorWorksを習得するのにお金をたくさん使った。高い授業料だと思っている。だからVectorWorksは教えるCADから除外した。習得できる確率が少ないからである。

2019年は速習コースが主力コースになる。もうCAD習得は30,000円の時代に突入しようとしている。ポケットマネーで行けるのだ。サラリーマンのポケットマネーは3万円だ。いまは無理だが12年後はその時代がやってくる、まだ検討段階なのでできないが早ければ2年後私は30,000円にする。それから引退だ。AutoCAD攻略に疲れ果てている人を助けるのが仕事だ、利益をあげることではない、多くの人に来てもらいたいだけだ、私の収入は家賃と食費だけで十分である。生徒には社会に飛び出て安定した豊かな生活をゲットしてほしい。AIの時代でもCADは生き残るので心配無用だ、安心して平和な人生を送ってもらいたい。人生100年の時代はもう来ている。年金もあてにならない。高齢社会で国には借金が多い、どう考えても国に対して信用はもてないだろう。いまは何とか凌いでいる感じだが・・・・。

CADで作業する場合、目の健康を守るためにディスプレイの選定は大事だ。ブルーライトカットの対策が必要だ。青い光は直接網膜に達する波長で眼精疲労の原因になる。私の使用しているモニタはプロテクターをつけている。CADを使用し始めたころ眼鏡はかけてなかったがでもCADに移行してから23年後には眼鏡をつけた。少しボヤケテ見えるようになったからだ。老眼になるには早いからCAD作業によるものだと思う。大きさも当初は17インチだった。やはり小さすぎる。最低19インチ以上解像度は1920×1080くらいは必要だ。ノートパソコンは論外だ。でも現場関係者なんか持ち運びも考えてノートパソコンが多いと思う。間違いなく目が悪くなるはずだ。よく考えるべきだ。視力は後から回復の希望はほぼない。

キャドステーションでは完全マンツーマンにより、初心者にとっては難しく思われるCADを短期に理解してもらうことを理念に活動しています。現在、北海道各地より多くの生徒が来校しています。一般の講習のように、聞くだけではなく一緒に11で指導しているので、身につかないということはありません。他の指導方法と比べると問題になりません。一人一人を基準に教えているからです。では心よりのお越しをお待ちしております

※2019年現在、定休日を設けていません。営業も午前10時から午後5時までに変更しています。よろしくお願いします。いつも体調ベストな状態で授業するために定休日は現在採用してません。

5057

http://www.jw-cad.jp

     年中無休といいますが、休業日は本当にないんですか?と聞かれることがあります。の疑問にお答えします。生徒の来ない日が月に12度あります。その時にスクールは休んでいます。当然定休日はありません。いつ休めるかはレッスンの予約状況により
ます。しかし、休みの時も無休で予約・申込を受付ております。生徒の来ない日に
休めば生徒に迷惑をかけることもありません。時間を有効に使っています。

http://www.jw-cad.net

http://www.jw-cad.info

     ★急用によるキャンセル及び時間変更は前日までにお願いします。当日にキャンセルした場合は、以降予約不可になり当日の受講受付になります。当日朝10時までに受講時間を申出てください。
 ★卒業後の電話・メールでのサポートはしません。1時間受講<4000円/H>で対応します。
そのへん理解してください。よろしくお願いします。

作図年月日2018/08/27
作図  和田( 講師 )

AutoCAD2008年に異尺度対応という大変革なのか・・・わかりずらいことをやってきた。これをすんなり受け入れる人がいるのか。現在新しい製品(2008年以降)を使用している人でも異尺度対応を無視して作業している人も多い。わかれば難しい事ではないが。理解するのが・・・。JwCADのようにすんなり頭に入らないのだ、若い人ならOKだが・・・これからどう進んでいくのか、中途半端な図面が出回るのか・・もう10年もたった。リボンメニュー同様慣れるしかないのである。しかしながら異尺度対応は異尺度混載しているAutoCAD図面には必須のアイテムなのだ。尺度変更・寸法設定の煩雑さ・文字設定の煩雑な作業はやめる、間違いのもと、時間の浪費である。異尺度設定で作業時間短縮だ。JwCADにはない概念だ、JwCADユーザーが来たら頭の回転をフル回転しなければ理解困難であろう。

私のCADスクールの受講時間は1時間である。これにも理由がある。創業当初授業時間は他のスクールを参考にして2時間でスタートした。でも多くの生徒は1時間を過ぎたころから集中力が散漫になる。特にひどいのが肉体労働を伴う生徒だ、1時間過ぎたころからアクビはするし、上の空になるし休憩したくなるのだ。2時間持ちこたえるのが若い女性たちだ。だから少しずつ授業時間は短くなった。いきなり2時間から1時間にしたのではない。徐々にやってきた。一番効率の良い時間が1時間なのだ。でも生徒の中には2時間(2回分)を望む人も中にはいる。そういう場合は受け付ける・・・でも1回やると無理だとわかり1時間授業にしてくださいと・・・CADはそんなに詰めても覚えられないのです。大きい学校へ行って大金を使ったが何も身につかなかったとういう・・そんな話ききませんか。基本的なことが頭にあればCADは自然と身に付きます。詰込み過ぎが・・・なんでもそうです、CADに限ったことではありません。

AutoCADJwCADの概念について

時々JwCADユーザーがAutoCADを習いにきます。JwユーザーはAutoCADの実寸という概念を理解するのが難しいというか理解できないのである。簡単なことなのだがJwが頭に染み付いているのである。何も知らない人のほうが理解する。そんなこと高齢のJwユーザーに言ったら気分を害して、気まずい雰囲気になって困ったことがある。Jwユーザーもプライドがあるからである。簡単なことだが、JwCAD11A3の図面枠に大小のオブジェクトを縮尺して入れてしますのである。ところがAutoCADは実寸だから大きいものは11A3の図面枠には当然入りきらない。どうするかというと描いたいオブジェクトが入るまで図面枠を大きくするのである。例えば100倍して納まったら印刷するときに100で割るのである。つまりAtuoCADは印刷して始めて縮尺されるのである。PCモニタのオブジェクトは実寸なのである。これはモデル空間での基本である。しかし、レイアウト空間での基本はまた違うのである。説明は避けるがAutoCADの基本はレイアウト空間で仕上げるのが基本である。でもモデル空間でも仕上げることも多いので混乱するのである。もう設定を理解するしかないのである。編集程度の仕事であれば問題ないかもしれないが、図面つくりを白紙からするのであれば理解は必須である。JwCADユーザーは無理して覚えても中途半端になる率が高い。私はDXF変換して作業するのをすすめる。専用の変換ソフトもあるので利用するのがいい。でも本来は同じCADどうしで作業をするのが原則であることは言うまでもない。一般の会社員が二つのCADを覚えるのは至難の業である。一般の人はCADだけやればいいというものではない他にも仕事があるからある。両方覚えるのは私のようなCAD講師だけだろう。

http://www.jw-cad.jp

http://www.sapporo-cad.com

2014年の創立19周年特別企画です(1/15〜)

http://www.jw-cad.net

http://www.jw-cad.info

AutoCADJwCADの違いとは・・・一言でいうと両方使いこなせる人はいないということです。もし仕事で両方理解して使える人がいるとすれば、私のようなCAD講師に限定されるでしょう。Word・一太郎のようなワープロソフトのようにいきません。CADは使わないと直ぐに忘れてしまうものです、経験上間違いありません。生徒でも再度習いに来る人もいるからです。間隔をおくと忘れるということです。覚えやすく、忘れにくいCADJwCADです。日本生まれのCADだからです、AutoCADのように設定の煩わしさがありません。私のホームページにあるコマンドの説明ボタンも圧倒的にAutoCADが多いです。それだけ難解というか厄介ものなのです。例えば文字コマンドについて話すと、JwCADは初心者に対して3分もあれば十分、理解納得します。でもAutoCADはそうはいきません。他のCADユーザーもAutoCAD図面の編集する程度の操作もそう簡単ではありません。時間を要するはずです。文字、寸法は図面の主要素ですが理解するには大変です。だからAutoCADの図面内容はおかしな図面が出回るのも理解できます。私は問題視していますが・・・それでも社会では通用しているようです個人的に私はJwCADを選択します。作業時間が速いからです。CADの精度も同じだし、無理してAutoCADの選択肢はありません。AutoCADが選択されているのは世界標準のCADだからです。JwCADは優秀なCADですが日本だけのCADです。日本では中小の建築関連はJwCADです。これからも変わることはありません。JwCADに慣れたので難解で面倒なAutoCADに移行することは間違いなくないです。世界にチャレンジする人はAutoCADになります。当然私はJwCAD派です。

2012年2月撮影(生徒の一部分)紹介

※予約キャンセルは前日までにお願いします。当日のキャンセルは原則、回数にカウントします。

※都合のよい日、体調のよい日に気軽にレッスンを申込んでください。期間2ヶ月以内です。

※追加料金など、いかなる場合も徴収しません。特定商取引法を順守しています。

※こちらからは一切勧誘はしません。生徒の自由意思で申込んでください。よろしく。

この似顔絵は15年ぐらい前のAutoCAD作品です。現在の描き方と比較すると落第点です。でもチャレンジです。1年続ければ上手になります。CADで似顔絵を描く秘訣が身に付きます。他のCADでも同じように描くことができます。とにかく続けることです。過去10年教え続けていますが会社は成長続けています。もし、少ないお金でCADが習得できたら多くのお金と長い時間をかけて習得したことを後悔するのは間違いありません。それだけのお金と時間があれば他でもっと有意義なものに使えたからです。今はネットの時代、情報は良くも悪くも氾濫しています。何が本当なのかわかります。生き残った会社、なくなった会社はわかります。一つの判断として成長する会社は長く続けています。よろしくお願いします。

教室のスクールポイントは何と言っても低価格・消費税免税・始終11授業で、しかもフリータイム制であることです。この3点セットは他ではやってません。経営が成り立たないからです。利益追求すればできません。教室では皆さんの生活向上を支援したいと思っています。利益はいりません。食費だけでればOKです。

http://www.jw-cad.jp/

CADは今まで製図台などで手書きで図面を作図していたのをパソコンで仕上げるPCソフトです。正式名はComputer AidedDesign(頭文字をとってCAD)になります。     コンピューターを利用した設計・製図または、そのための機能を組込んだシステム。手書き図面より修正が簡単で、色や画層の表示、シンボル登録、画面拡大縮小などの機能を利用した設計ができる。作成した図面データを保存しておけば、随時取出せるため、過去に描いた図面を有効活用できるメリットなどがたくさんあります

http://www.jw-cad.info

http://www.jw-cad.net

http://www.jwcad.org

http://www.jwcad.net

各地域社会より高い評価をえてます

http://www.jwcad.org

http://www.jw-cad.info

http://www.jw-cad.net

http://www.jwcad.org

http://www.jwcad.net